読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモその2

仕事 メモ

 運動・活動を維持/発展させ成功させていくために、運動の種類によっては結構戦略的に資源が動員されていくわけだけど。
 動員すべき「資源」の範囲ってのの見定めがどういう理屈でなされてんのかってのも興味がある気がする。
 つまり、「ここからここまではこの運動に必要な資源」「ここから先は別にいいや」って線引きのあり方。
 こういう線引きによって、運動・活動における仲間・同士の範囲も決まっていくんだろうし、運動・活動への参加を呼びかける対象の範囲も設定されていくんだろうし。代表者が代弁する利害関係者の範囲も設定されていく、と。その時何が理由付けだとかで使われてんのか。要勉強だなー。