『百田尚樹『殉愛』の真実』

 やしきたかじんの死と愛を描いた『殉愛』。
 …が作られた過程での、関係者たちのある意味醜い動きなど。

百田尚樹『殉愛』の真実

百田尚樹『殉愛』の真実


 要するに暴露本で、7章+プロローグとエピローグの構成になっているんだが、章によっては非常に読みごたえがあるものになっていた。とにかく『殉愛』の方は都合良く書かれたもので、本書はそれを明らかにするために(少なくとも『殉愛』よりははるかに)広く深く取材してるな、と。
 これ百田さん、きちんと反論しないと作家生命終わると思うな。