『修羅の門第弐門』14巻

 姜子牙との戦いに突入。
 相変わらず、“死”と直面した人ほど強い理論の格闘マンガであるな。


 このシリーズ終わったらどう展開するんだろうか。