『修羅の門 第弐門』13巻

 飛田さん対姜子牙の試合。
 うまいことかませにしつつ、飛田さんの格も落とさない…的な感じの描き方であった。


 で、いよいよ決勝か。