『映画の奈落』

 実際のヤクザをモデルに描いた実録もの映画に注目し、その映画が現実の抗争・殺人にどのように結びついていた(可能性)があるのか、関係者にとってこの映画に込められた意味(“親”を超えるためのものであった)がどのようなものであったのかを、映画撮影とヤクザの動き双方を追いながら描いていく。

映画の奈落: 北陸代理戦争事件

映画の奈落: 北陸代理戦争事件


 無茶苦茶面白かった。
 実録が現実を喰う!『映画の奈落』北陸代理戦争の仁義なき場外戦 - HONZに詳しいが、まさに虚構が現実を食った感じ。
 久々にすごいドキュメンタリーを読んだ気がする。