『センゴク一統記』7巻

 仙石秀久の。
 明智光秀の最期と清州会議へ。


 じっくり進んでいくので面白く読めるんだが、主人公のやらかし話に行きつくのはまだだいぶ先だろうな。