『修羅の刻』5・6巻

 義経・弁慶編。

修羅の刻(伍) (講談社漫画文庫)

修羅の刻(伍) (講談社漫画文庫)

修羅の刻(六) (講談社漫画文庫)

修羅の刻(六) (講談社漫画文庫)


 これで「刻」も一通り読んだ。
 しかし、日本史上の有名な人物で、陸奥と戦いそうな人ってあんまりいないのなーと(「こんな感じで一通り有名どころは全部出てるのかしら」とか考えてて)思って、「中国の歴史上の人物だと陸奥と一騎打ちするのが似合いそうなのって結構いそうだ」と感じ、そこまでいって「ああ、だから『第弐門』では呂家とか出してんのか」と。日本の有名武将って一騎打ち系に向いてるのそんなにいないわな。