『サルチネス』4巻

 最終巻。
 ダメ兄貴と家族と友達の話。


 ダメ兄貴が世の中を赦した(世の中が赦した、ではなく)感じの終わり方。何だかすごいいい話だったと思う。