『いびつな絆 関東連合の真実』

 関東連合の幹部が仮名で書いた内部告発的な本。
 関東連合内の人間関係やらがよく分かるかも。

いびつな絆 関東連合の真実

いびつな絆 関東連合の真実


 この手の実話系なにおいがする読み物が好きなので買って読んだが、読んでいく内にちょっと寒気が。第一に、人を殺したってこと自体への罪悪感があまり伝わってこないのと(殺す殺されるにいたった経緯が淡々と描かれてるんだけど、「いや、それはいかんでしょ」感が)、第二に、首謀者(とされている人)を切り捨てて関東連合という組織自体を守ろうとする思惑があるんじゃないかって感じられたので。どこまで本当なのか確認するすべもないけれど、まあ、すごい話である。