『バクマン。』14巻

 マンガ家を目指す若者たちのマンガ。
 主人公たちと似た作風の有望な新人が登場。
 最初は後輩的な感じで接しようとする主人公たちだけど、実はこの新人は主人公たちには倫理的に容認できない方法を取っていて…的な話。

バクマン。 14 (ジャンプコミックス)

バクマン。 14 (ジャンプコミックス)


 新人の凄味を示すために「こんなに面白いマンガを描いてるんです」ということは示せてるんだけど、段々ダメになる新人のダメさは上手く示せてない(言葉だけでの描写になってる)感じが。面白いマンガの例としてマンガ内マンガを示すのは上手なんだけど、面白くなくなりつつあるマンガの例としてマンガ内マンガを示すことはあまりしないなこの作者…と気付く。
 なので新人のダメさが何か類型的なものになってしまってる印象。実際にどんな感じでダメなのかを見せられれば深みが出るのかもだけど。ダメな相手(=主人公たちが倒すべき相手)が類型的だというのは、すごく分かりやすいし乗りやすいけど、一方で、一度「ん、どういう感じでダメなんだろう?」と思い始めるとそこが気になってしまう。