『被差別部落のわが半生』

 著者は奈良県部落解放同盟支部連合会理事長(執筆当時。今はどうなんだろう)。

被差別部落のわが半生 (平凡社新書)

被差別部落のわが半生 (平凡社新書)


 「寝た子を起こすな論」とか「糾弾」とか「カムアウト」といった論じられることが多いことを自身の人生の中で考えようとしている部分が面白かった。当たり前だがなかなかすっきりと割り切れる話じゃないってことをきちんと示してくれていて。