『分別される生命』

 〈生命の比較社会史〉研究会での議論が元になった本。

分別される生命―二〇世紀社会の医療戦略

分別される生命―二〇世紀社会の医療戦略


 内容は以下のような感じ。

 (前略)医療をめぐる日本の〈今〉をみると、二〇世紀初頭から始まった病気という生命リスクを回避する医療戦略の構築、すなわち国家を担い手とし国民を広く包摂する医療保険の制度化、さらには医療の科学化と病院化による〈病人〉の〈健康人〉からの分別化のプロセスが、大きな転換点に立っている状況が浮かび上がってくる。(中略)昨今の医療制度改革をめぐる議論は、これまでの〈健康人〉をも分別しようとする新たな医療戦略と機能不全を起こしながら規範性を失ってはいない二〇世紀的な医療戦略の工作した、過渡期の状況を反映したものといえるのではなかろうか。
 本書においては、こうした現代への関心と歴史研究をクロスさせようという編者の問題提起を受けて、まず、二〇世紀の産業社会における共通の問題である医療の病院化のプロセスや疾病構造の変化が、日本においてどのように展開されたかについて検討される。そのうえで、二〇世紀における日本社会の歴史的特質とその問題点を検証するために、ヨーロッパのオルタナティブ医療と精神疾患をめぐる事例分析が試みられ、最後にイムホーフ(ドイツの歴史家。アルトゥール・イムホーフ:引用者注)のいう「獲得された年月」(急激に伸びた平均寿命のこと:引用者注)が高齢者のライフステージと生をめぐってどのような新たな問題を生み出したかが、二〇世紀初頭のドイツと日本を含む現代社会について、検討されることになる。(pp.9-10)

というもの。
 目次は下のような感じ。

序章  二〇世紀社会の生命と医療(川越修)
第1章 リスク・パニックの二一世紀――新型インフルエンザを読み解く(美馬達哉)
第2章 近代日本における病床概念の意味転換――医療制度改革への歴史的アプローチ(猪飼周平)
第3章 明治期日本における看護婦の誕生――内務省令「看護婦規則」前史(山下麻衣)
第4章 治療の社会史的考察――滝野川健康調査(一九三八年)を中心に(鈴木晃仁)
第5章 世紀転換期ドイツにおける病気治療の多元性――ホメオパシー健康雑誌の記事を中心に(服部伸)
第6章 世紀転換期イギリスにおける「精神薄弱者問題」――上流・中流階級と「公」的管理(大谷誠)
第7章 「危険な年齢」――ドイツにおける「更年期」をめぐるポリティクス(原葉子)
第8章 誰が「生きている」のか――痴呆・認知症心神喪失(柿本昭人)

と。


 上に引用した文章や目次からも分かるように、生命・身体(あるいは健康・病)に関する色々な事象の歴史社会学的考察を行う論文集のような感じ。
 各論文で論じられていることも面白かったし、こうしたテーマを歴史的に扱う際に有効な論じ方を学ぶ上でも、それぞれに面白かった(論じ方ってのは、資料収集とその解釈のレベルから、論文の構成のレベルまで、幅広くあるけど、どれも学べる感じ)。いい本。